ハゲはいいけど、デブはいや

栄養指導をして
半年間で、体重が実際減る方と減らない方がいます。

 

成果が出る、でないは、どこに差があるのか

どんなモチベーションがあるのか、きっかけがあるのか

考えてみました。

 

体重を減らしたい!と思う方は、きっかけや自分の目標があります。
綺麗になりたい、かっこよくなりたい、お腹周りをすっきりさせたい、病気になりたくないなど

 

では、その目標は誰のためでしょうか。

ここに痩せている人、痩せられない人の違いがありました。

 

 

体重が減り、減量に成功している方は、誰かのための目標にしているということです


例えば、病気になって家族に迷惑にかけたくないからダイエットするなら、相手のためですよね

病気になってお金も時間も奪われて、自分の好きなことができなくなるのは嫌だから、ダイエットするなら、自分のためですね

 

 自分のための目標でもちろん、減量には成功しますが、その後リバウンドの傾向があります。せっかくお腹周りがスッキリして、安心しますが、その後に油断するようですね。

 

相手のことを考えるとサボれなくなったり、相手に喜んでもらいたいという思いが働くので、ダイエットに成功しやすいのではないかと思います。

 

 

 

「ハゲはいいけど、デブはいや」

これは実際に対象様が娘さんに言われた言葉だそうです。

娘さんに嫌われたくなくて、ダイエットにチャレンジされて、見事減量に成功しました。

 

「娘には嫌われたくないしなぁ。頑張ったよ。」
とおっしゃっていました。

誰かの為にやるとやる気も違いますね。

 

https://happylifestyle.com/3779_image.jpg?version=2017-01-10T00:30:05+09:00

 

 

 

誰かのために頑張れる。

家族のため、会社のため、お客様のために

だからこそ、毎日働くお父さんや、男性はカッコいいですね!