添え野菜の秘密

飲み会や外食が多くなる季節ですね。
カロリーが高くなったり、
食べ過ぎてしまったりするのではないでしょうか?

 

ところで、外食で食べるときに料理の添え野菜は食べますか?
例えば、添え野菜というと

唐揚げのレモン
とんかつ定食のキャベツ
お刺身の大根

などありますよね?

実はこれらは、きちんと意味のあるものなのです。


唐揚げのレモンは油の消化吸収を助けてくれる働きがあります。

http://hamsonic.net/wp-content/uploads/2015/03/PAK85_karaagetoremon20150203190125500-thumb-1561x1000-5982.jpg


とんかつ定食のキャベツは、胃の粘膜を守ってくれる働きがあります。

https://asp.hotel-story.ne.jp/setup/planimg/0823000181136.jpg


お刺身の大根は、魚の消化吸収を助けてくれます。

http://uds.gnst.jp/rest/img/69y8v5kp0000/s_002x.jpg?t=1380950217


などきちんと意味があるのです。
添え野菜はは、料理の見た目をよくするだけではなく、
消化にも役立ち、体の調子も整えてくれますよ!

 

12月は、飲み会や外食が多くなる季節。
添え野菜もしっかり食べて、体の調子を整えましょう!!