自分にあった野菜ジュースの選び方

健康のために野菜が大事!と思う人は多いと思います。

 

でも、外食続きで野菜がなかなかとれなかったり

家での野菜料理を作るのがめんどくさかったり

野菜が高くて、野菜の量が減ったりして

とれない時もありますよね。

 

そんなときは、野菜ジュースで補う場合もあるのではないでしょうか?

 

栄養指導をしていると

どの野菜ジュースがいいですか?

と質問があります。

 

野菜ジュースって20種類以上もあるのです。

確かにどれを飲んだらいいか迷いますよね。

 

今回は「自分にあった野菜ジュースの選び方」をお伝えします。

まずは、栄養成分をみてください。

カロリーとか塩分とかですね。

カロリー表示 に対する画像結果

 

3~4種類くらいあるので、栄養成分を見て

自分にとって一番とりたい栄養素が多く含まれているものを選びます。

 

①食物繊維

便秘の予防・改善、コレステロールの吸収を抑えたり、腸内環境を整える働きがあります。

なので、食べすぎたり、胃腸の調子を整えたいときは、食物繊維が多いものをとります。

 

それが多く含まれているのが

伊藤園 食物せんい紙パック200ml

食物せんい野菜 紙パック 200ml

これ1本で10gも含まれています。

だいたい普通の野菜ジュースだと200mlですと3g前後。

これ1本でほかの野菜ジュースよりも3倍もの食物繊維がとれます。

 

 

②ビタミンA(βーカロテン)

皮膚や粘膜の健康に保いたり、ウィルスの侵入を防いだり、目の機能の維持にも役立ちます。

風邪予防などでつかうといいですね!

 

それが多く含まれているのが

カゴメ 野菜生活100オリジナル

カゴメ 野菜生活100オリジナル に対する画像結果

 

 
 
βーカロテンが3900~12000μg
も含まれており、他の野菜ジュースよりも2倍も含まれています。
 
と2つご紹介しました。
 
ダイエットしている方は、カロリーが低めのものを選んだり
今の自分の必要な状態により
野菜ジュースをえらぶのがいいです。
 
注意点としては、ジュースを飲んでいるから、野菜をとらなくてはいいということではありません。
野菜ジュースは、あくまでも野菜がとれない場合の補助で使ってください。
 
お店やコンビニによっては、この2つの野菜ジュースがない場合もあります。
その場合は、見比べて、自分が一番欲しい栄養素が多く含まれているものを
選んでくださいね。